2012年02月13日

いろいろややこしい便器の水洗ボタン

イタリアのトイレ事情は、

*トイレが少ない
*トイレが汚い
*便座がない
*便座の上に足型が・・・(汗)

などなどとっても悪いのですが、私がイタリアに来て困ったのは、


水洗ボタンが多種多様なこと!


トイレに入って、「え?どうやって流すの?」と困ったことが多々あります。
普通に水を流すところについている物から、紐の様になっていて引っ張るものなど、本当にいろいろな種類があるんです。


この間ショッピングセンターに行った時、こんな水洗ボタンを見つけました。

CIMG7291.JPG

写真が暗くてわかりにくいのですが、壁についている黒いボタンが水洗ボタンです。
足で踏むようになっています。

時々、手を洗う蛇口のところでも見かける、この足ふみボタン。
水道のどこを押してもひねっても水が出ない時は、大抵足元を見ると足ふみボタンやレバーが付いています。

イタリアのトイレで、「どうやって流すの?」という時は足元を見てみてくださいね!



posted by satokina at 01:52| Comment(0) | イタリア豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。