2011年09月18日

【ピザの豆知識】ピザには○○オイル!

ピッツェリア(ピザ屋さん)に行ってピザを注文すると、ピザを持ってきた後に大体どこのピッツェリアでも聞かれることがあります。
(南イタリアではピザを食べた事がないので、もしかするとこれは北イタリア限定かもしれませんが。。。)

「Olio piccante?(オリオ ピッカンテ?)」 


少しイタリア語の単語を知っている人は意味が分かると思いますが、

Olio (オリオ) = (オリーブ)オイル
 +
Piccante (ピッカンテ) = 辛い
 ↓
Olio piccante = 辛いオリーブオイル



そう、ピザを持ってきた後に、「辛いオリーブオイルはいりますか?」と聞かれます。

※Olio piccante : 
唐辛子入りのオリーブオイル。
自宅でも、瓶に唐辛子、(にんにく)とオリーブオイルを入れて2週間ほど置いておくと、簡単に辛いオリーブオイルができます。

image127.jpg


イタリアでは、ピザにこの辛いオリーブオイルをかけて食べる人が多いです。

でも、ここでもイタリア人たちの暗黙のルールがあって、シーフードなどの魚の具がのっているピザを食べる時には、この辛いオリーブオイルはかけないんだとか。
(シーフード自体の味が強いので、かけないほうがおいしいんだそうです)

ちなみに、パスタには何でもかんでも細かく削ったパルメザンチーズをかけるイタリアですが、シーフード系のパスタにはチーズはかけません。
シーフードにはチーズではなく、イタリアンパセリが合うんだとか。


ピッツェリアで「Olio piccante?」と聞かれたら、

「Si, per favore.」
(スィ、ペル ファヴォーレ=はい、お願いします)


と持って来てもらい、是非試してみてくださいね!



posted by satokina at 01:31| Comment(0) | イタリア豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。