2011年09月18日

【トイレの豆知識】正しい(?)トイレの使い方

イタリアに来てビックリした事は、トイレが少ない。そして汚い!
便座のない便器などにもよく出会います(笑)。
観光地などでトイレを探しても、なかなか見つからないことも‥‥。
旅行中にトイレを探して時間を無駄にした、なんてことがないように、トイレの上手な
使い方(?)を紹介します。

b0134762_5521955.jpg


イタリア旅行中は、レストランに入ったときやトイレの看板を見つけた時には行ってお
いた方が賢明。
後で行きたくなってしまっても、なかなか見つからないことがあるからです。
急に行きたくなってもすぐには見つからないのがイタリアのトイレ。
そんな時は、近くのBAR(バール・イタリアのカフェ)を探して飲み物を頼み、トイレを
貸してもらいましょう。
(小さなBARではトイレのない所もあるみたいなので注意!)

ヴェネツィアなどの観光地では、公衆トイレは有料です。
入り口に人がいて、お金を払って入るところや、入り口が駅の改札のようになっていて
お金を入れると入り口が開くところなどがあります。
(値段は50セント〜1ユーロぐらい)
有料のトイレはキレイな所が多いですが、無料の公衆トイレは汚いところも多いので、
「キレイなトイレしかイヤ!」という人には有料のトイレがオススメです。

高速道路のサービスエリアのトイレは無料ですが、入り口に人がいたりお皿が置いて
あったりして、チップを入れるようになっているところが多いです。
最近はどこのトイレに入ってもなかなかキレイに掃除されています。
(便器に便座がなかったりしますが(笑))

その他にも有料ですが、箱のようになっている無人のトイレがあります。
自動販売機のようにお金を入れると、入り口のドアが開きます。
中からドアを開けるときにはドアの近くにあるボタンを押すと自動的に開きます。
人が入る度に自動的に洗浄、消毒されるので清潔ですが、床が水浸しになっているこ
とが多いので注意!

日本とはだいぶ違うイタリアのトイレ事情。
「行きたいのに見つからない‥‥」なんてことがないように、行ける時に行っておいて
くださいね〜!


posted by satokina at 01:07| Comment(0) | イタリア豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。