2011年09月18日

【交通機関の豆知識】列車に乗る時には○○を忘れずに!

ミラノやローマなどの大都市を除いて、イタリアの駅には改札がありません。
切符売場で切符を買ってホームの方に歩いていくと、改札を通ることなくホームに出てしまいます。
「あれ?改札は?」と不安になってしまうかもしれません。


イタリアの駅では、改札がない代わりに切符に刻印をしなくてはいけないんです。
インターシティーやユーロスター(イタリアの主要都市を結ぶ特急列車)では、必ず係員が切符の検札に周って来ます。
刻印のない切符を持っていると、罰金を取られてしまうので注意!
(以前は「知らなかった」と言うと見逃してくれることが多かったのですが、最近は厳しくなっているみたいなので、刻印は忘れずに!)

「刻印ってどこでどうするの?」という人のために説明すると‥‥

イタリアの駅には下の写真のような黄色の機械があります。


image119.jpg



切符売場の近くやホームなどいろいろな所にあるので、電車に乗る前にはこの機械を見つけてくださいね。
機械の切符の差込口に切符を入れると、自動的に「ガチャン!」と日時が刻印されます。

イタリアで電車を利用する時には、忘れずに刻印をしてくださいね!



posted by satokina at 00:59| Comment(0) | イタリア豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。