2011年09月10日

【ジェラート豆知識】イタリア語でジェラートを頼んでみよう!

「イタリア語でジェラートを頼んでみたい!」という人のために、役に立つイタリア語のフレーズを紹介します。
イタリアのジェラテリア(ジェラート屋さん)でジェラートを頼むには、2通りの方法があります。


その1.レジで先に会計をしてからジェラートを頼む

ミラノの中心地のジェラート屋さんなどはこのタイプが多いです。
注文したいジェラート(カップ、コーン、大きさなど)が決まったら、レジに行ってお金を払い、レシ
ートを持ってジェラートが並んでいる所に行き、好きな味を選んでジェラーををもらいましょう。



その2.ジェラートのカウンターで注文し、受け取る時にお金を払う

日本と同じ様に、ジェラートを受け取った時にお金を払いましょう。
大きなカフェの中にあるジェラテリアや観光地などでは1のタイプが多いですが、小さなジェラテ
リアでは2のタイプがほとんどです。



さて、ジェラートを注文する時に必要なフレーズは一つ。
(いろんなフレーズがありますが、一番簡単な物を紹介しますね)

(コーンを注文する場合)

Un cono da 2euro, per favore.

ウン コーノ ダ ドゥエ エウロ、ペル ファヴォーレ = 2ユーロのコーンを1つください


(カップを注文する場合)

Una coppetta da 2 euro, per favore.

ウナ コッペッタ ダ ドゥエ エウロ、ペル ファヴォーレ = 2ユーロのカップを1つください



(値段の言い方)

1euro ウネウロ

1.5euro ウネウロ エ チンクワンタ

2,5euro ドゥエ エウロ エ チンクワンタ

3euro トレ エウロ

3.5euro トレ エウロ エ チンクワンタ

4euro クワットロ エウロ

4.5euro クワットロ エウロ エ チンクワンタ
 
5euro チンクエ エウロ 


※多くのジェラテリアにはカップ(コーン)の見本が置いてあるので、欲しい物を指差して

questo! クエスト!=これ!

と言うのも手ですね。


その後は、自分の好きな味を選んでくださいね。


その時も、食べたい物を指差して

Qusto e questo. クエスト エ クエスト=これとこれ

と言うと簡単です。


たまに一番小さいカップ(コーン)だと、1つの味しか選べない場合があります。
注文する前にいくつ味が選べるのか確認したい場合は、「1味?2味?」と聞いてみましょう。

1 gusto? ウン グスト?=1つの味?

2 gusti? ドゥエ グスティ?=2つの味?

3 gusti? トレ グスティ?=3つの味?


posted by satokina at 23:33| Comment(0) | イタリア豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。